学生の頃は、美容に興味がなかったのでゴシゴシと顔を洗っていました。
でも当時は肌が強かったこともあり、ゴシゴシ洗っても乾燥せず常にしっとりしていました。
しかし大人になると、ケアなしでは過ごすことができません。

 

洗顔後はちゃんと保湿をしないとカサカサになってしまいます。
なので今はゴシゴシ洗うのは止めて、泡で包み込むように優しく洗うようになりました。
そして洗顔が終わったあと、タオルで拭くのをやめてティッシュで水気を取るようにしてるんです。

 

タオルで拭くのも刺激になるので、極力肌にダメージを与えることはしたくありません。
そして化粧水をつける時も、両手で包むようにしてなじませます。
よくパンパンと手で叩いて浸透させている人がいますが、あれはお肌に良くありません。

 

しかも叩いても浸透しないので、あの付け方は100%間違っているんです。
手の平で包みこむようにして、体温で浸透させるのが正しい化粧水の付け方です。
間違った方法で保湿をしている人は、意外と多いのではないでしょうか。

 

 

 

わたしは運動することが苦手なんですが、定期的にプールに行くことは大好きです。
運動っていうと、汗がダラダラと流れて、体が熱くなるじゃないですか。
それが嫌いなんですが、プールだとその心配もありません。

 

汗をかいたとしても、プールだから顔がべたつくこともないし、体が熱くなることもありません。
なにより、水に浮く感覚が楽しいですよね。
日常生活では体験できない感覚です。

 

プールで泳ぐためには水着になる必要があります。
自分の水着姿をいやでも目にしてしまうから、太らないように気をつけようっていう意識が強く働きます。
ここも、プールのいいところですよね。

 

プールで泳ぐと、全身の筋肉を使います。
普段使うことのない腕や背中の筋肉を鍛えることができます。
泳ぐことに疲れたら、プールの中をダラダラと歩くだけでも、太ももにすごく利いてくるんですよね。

 

実際、プールに行く前と行った後では、太ももが細くなったなって感じます。
歩いた時の太ももの感触が違うんですよね。
すきまができてる感じ。

 

毎週通い続けたら効果も大きいかもしれませんが、オーバーペースにならないよう、月に2回ぐらい通うようにしています。

 

 

私が美容のために、食事に気を使っています。
まずは、野菜や果物をたっぷり摂ることです。
ビタミンや食物繊維などの美容に欠かせない栄養がたくさん詰まっているため、積極的に食べるようにしています。

 

朝食には必ず果物を食べます。
しかも必ず最初に。
体は先に食べたものからどんどん吸収していくため、ご飯やパンなどの糖質類より先に、果物を食べることがより効果的です。

 

昼食は必ずお弁当を持って行きます。
お弁当には野菜をたっぷり入れるようにして、タンパク源である肉や魚も入れて栄養バランスを整えます。
そして夕食も、野菜を5種類以上摂るようにしています。

 

しかしこれだけでは、なかなか1日の目標摂取量には到達しません。
そこで私は、サプリで補っています。
愛用しているのはニュートリライトのトリプルX。

 

ビタミンやミネラルだけではなく、植物の有用成分、ファイトケミカルスまで丸ごと濃縮されたとっても贅沢なサプリです。
これだけでも良いくらい、美容に良い栄養素が賄えるのです。
このおかげか、体調を崩しにくいですし、お肌の調子もバッチリです。

 

内面から美しくなれるので、とても我ながらとても良いことをしているなと思っています。

 

 

私は美容に気を付けるに当たり、一番に気を使っている所とは何よりフェイス部分であります。
その方法とは洗顔をする時に塩も混ぜて顔を洗い暫く5分ほど放置し洗い流し、その後はフェイスパックを使用し寝る前にパックを外します。
朝起きたら、通常通りに顔を洗い化粧水を顔に塗ります。

 

外出する時にも携帯用に洗顔フォームと化粧水を持参して外出先でも定期的に顔を洗いますが季節に応じて洗顔回数を調節し、洗う度に化粧水を顔に付けます。
注意するべき所は夜に顔を洗うのに使う塩は刺激が強い為、週に2回位にしておいた方が良いと思います。
以上の事を続けた事により肌がツルツルして滑らかになりますが、これは潮を顔に塗る事で肌が綺麗になったと実感がわいて来るほどに効果があり塩を使う事によってザラザラ感が鼻の脂を落としてくれますが刺激が強い為の化粧水やフェイスパックなどで肌のケアを行い、そうする事によって塩を使った事による今後の肌荒れを防いでくれます。

 

 

 

私は化粧を落とす前に半身浴を20分間行います。
というより、汗をかくまで半身浴を行います。
これを毎日行っています。

 

なぜ化粧を落とす前には、半身浴をするのかというと、毛穴を開かせて、毛穴の奥深くにまで行ってしまった汚れを落とすためです。
汗をかくことで毛穴が開きます。
その状態をキープさせたまま化粧を落とし、最後に水で洗顔し毛穴を閉じます。

 

次に頭を洗うのですが、シャンプーを手で泡立てることを意識しています。
髪の毛で泡立たせると、髪の毛が傷んでしまいます。
そして、頭皮を傷つけないように指の腹でやさしく洗い、ついでに頭皮マッサージも行います。

 

シャンプーを十分に落とすために、念入りにシャワーで洗い流します。
このとき、顔に水・シャンプーがかからないように気を付けます。
そして、トリートメントを毛先を中心につけ、5分ほど置き、洗い流します。

 

そして体を洗い、洗顔します。
洗顔するときは、泡がもこもこになるくらい泡立てます。
そして泡で顔を洗うイメージで洗顔します。

 

そして、さっと湯船につかり、お風呂を出ます。